Font Size

ビーストリー

Movie Information

  • 作品名原題:BEASTLY
  • カテゴリ:ラブロマンス
  • 製作年:2011年
  • 制作国:アメリカ
  • 配給:ファインフィルムズ
  • 上映時間:86分
  • 公開時コピー:魔法を解くのは、真実の愛。
  • 監督:ダニエル・バーンズ
  • 出演:ヴァネッサ・ハジェンズ(リンディ・テイラー)、アレックス・ペティファー(カイル・キングソン)、メイリー=ケイト・オルセン(ケンドラ)、リサ・ゲイ・ハミルトン(ゾラ)、ニール・パトリック・ハリス(ウィル)
  • 公式サイト

Story

カイル(アレックス・ベティファー)は、わがままで自意識過剰だが、王子様のようなルックスで女性たちのハートをつぎつぎ射抜いていた。ある日、カイルが、いじめのターゲットに選んだのは、影で“魔女”と噂されているケンドラ(メアリー=ケイト・オルセン)だった。ケンドラはカイルから心ない仕打ちをされるが、魔法でカイルの姿を心と同じ醜い姿に変えてしまう。その魔法は1年以内に内面を愛してくれる人を見つけなければ、永遠に“ビーストリー(いまわしい)”姿のまま—ただ一つの望みは、今まで目に止まらなかった、大人しいリンディ(ヴァネッサ・ハジェンズ)の存在だった。

Review

現代版「美女と野獣」です。

ハンサムだけどわがままで性格の悪いカイル(アレックス・ベティファー)。

同級生の魔女ケンドラ(メアリー=ケイト・オルセン)を侮辱したために魔法をかけられ、一番嫌いだった醜い姿に...

内面を表現した姿になったわけですから、どんだけヒドいんだよって感じもしますが...

魔法をとくために、不器用ながらも必死に相手の立場にたって考え努力する姿は微笑ましかったです。

というか、そんなに純情だったのか??

外見に惑わされず内面を見抜いてこそ、真実の愛があるってことなんだろうけど、実際どうなんでしょうかねぇ。

Trailer

みんなと共有する

PageTop