Font Size

メカニック

Movie Information

  • 作品名原題:THE MECHANIC
  • カテゴリ:メカニック
  • 製作年:2010年
  • 制作国:アメリカ
  • 配給:ショウゲート
  • 上映時間:93分
  • 公開時コピー:この男、完璧
  • 監督:サイモン・ウェスト
  • 出演:ジェイソン・ステイサム(アーサー・ビショップ)、ベン・フォスター(スティーブ・マッケンナ)、ドナルド・サザーランド(ハリー・マッケンナ)、トニー・ゴールドウィン(ディーン・サンダーソン)、ミニ・アンデン(サラ)
  • 公式サイト

Story

南米コロンビアの麻薬王が自宅のプールで暗殺されるが、事件は他殺ではなく事故死として受け入れられた。暗殺者の名はアーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)。闇の犯罪組織に雇われて次々と“仕事”をこなしつつも、殺人の痕跡をいっさい残さない。誰とも組まずに孤独を受け入れる。まさしく、プロ中のプロだ。
そんなアーサーにミッションが下された。それはアーサーの親友であり、この仕事を始めるきっかけを作ってくれた恩人の暗殺。葛藤を抱えながらも、プロとしてこの仕事を引き受けた。
車椅子生活をおくる親友を抹殺するのは、友人を騙すことに対する苦悩を除けば、たやすいことだった。親友の葬儀に出席したアーサーは、そこで親友の息子で乱暴者のスティーブ(ベン・フォスター)と再会する。罪悪感からか"オヤジがあんたに教えたことを俺も教わりたい"というスティーブに暗殺のテクニックすべてを叩きこもうとする。最初の仕事こそ手際が悪かったが、スティーブはメキメキと腕を上げていった。
新たなミッションでスティーブとともに、標的が滞在するホテルに手際よく潜入するが、スティーブのちょっとしたミスから、派手な銃撃戦に。この頃から、何かが確実に狂い始めていた。
死んだはずの男の突然の出現、父を殺したかもしれないアーサーに対するスティーブの疑念。誰を信じ、誰を敵とみなすべきか?混沌とした状況下、アーサーの命を懸けた戦いが始まろうとしていた!

Review

トランスポーターそっくりのパッケージ、『ジェイソン・ステイサム』主演ということで期待が高まります。

内容は運び屋から殺し屋に転身した感じ。

機械の様に完璧にミスなく仕事を遂行するアーサー(ジェイソン・ステイサム)。

やっぱり『ジェイソン・ステイサム』はクールで完璧主義がよく似合います。

今まで一匹狼な役が多かったけど、今作では弟子をとることに。

この弟子が危険人物になり得るわけなんですが、そこがまた緊張感が増してよかった。

とにかくスピーディーでド派手なアクションムービーが面白い!

Trailer

amazon.zo.jpで買う

メカニック ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)

メカニック
ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)

みんなと共有する

PageTop